ブログ開設にあたり

ガーデニング、園芸の経歴

 20数年前に、ヤマアジサイ「紅」の真紅の装飾花に魅せられて、色々なヤマアジサイを収集し始め、ガーデニング、園芸にのめり込むようになりました。楽しむ対象は、珍しい花、珍しい葉(斑入り葉や様々な葉芸)ばかりでしたが、子供が生まれてから、一緒に楽しみたいなーと考えるようになり、野菜や果物も始めました。
 ただ性分として、普通の野菜、果物を育てていても面白さを感じられません。どうせ育てるなら、近所のスーパーで購入できない野菜、果物を育てよう!と思い、スタートしました。
 写真は、斑入りピーマンの5年くらい育てているものです。普通は1年育てて終了だと思いますが、冬越しを何年もすると、驚きのピーマンの「木」になります。葉はもちろん実にも斑が入るので、ただのピーマン炒めを作っても見栄えが良いです(味は至って普通のピーマンです。。。)。

 果物では、毎年、ブラッドオレンジやパッションフルーツを食べたり、たまに観葉植物のモンステラの実を食べたりと、少し食べただけでも感動できるものを厳選して、育てています。パッションフルーツなどは、スーパーでも購入しやすくなってきましたが、自分の庭で完熟するまで摘果せずに育てた実は、果肉の多さと風味が別格で、直接育てた人のみが味わえるものだと思います。
 もちろん、花や葉を楽しむだけでなく実をならせるまで相手をするので、受粉作業や果実を保護したりと面倒な作業も多々あります。それでも実が膨らんでいく過程を見たり、子供と一緒に収穫したりと野菜や果物ならではの楽しみもあり、大変面白いものです。

ベランダガーデニングについて

 私は、大阪府の10階建てマンションの10階のベランダに住んでいます。もちろん畑でなく、限られた面積で、限られた鉢数で楽しんでいます。やっぱり一般的な野菜や果物をたくさん育てて収穫するには、畑がベストだと思います。プランター、鉢植え栽培では、サツマイモや大根は多量の土が必要なので厳しいかと思います。しかし、トマトやピーマンはもちろんオクラなんかも深プランターを使うと、ワンシーズン途切れずに実をならしてくれます。
 果物では、ブラッドオレンジを育てています。2年ほど育てて、樹形を整えると、肥料さえ与えていれば、毎年、安定して収穫ができます。地植えだと思う存分、株自身が大きくなろうとするので、剪定の手間等が余計に大変だと思います。やたら高い位置で実がなっても収穫に困りますし。鹿児島県指宿市のマンゴー栽培を見せてもらったことがありますが、巨大な鉢植えで育てていてビックリしました。何でも地植えがベストなのではないことがよく分かります。何を狙って地植えにし、何を狙って鉢植えにするかを明確にするのがエンジニア的に考えたいところです。
 その他にも、パッションフルーツなどは耐寒性が弱いので、冬のケアはマストになります。具体的には、小さく刈り込んで、一番最低気温が高い配置に移動させる必要があります。糖度の高いトマトやカラフルなトマトなんかも、普段はできるだけ日当たりの良い環境が求められるのに、裂果や病気を避けるために、雨の日は、雨の当たらない場所に頻繁に動かさないといけません。こんな時には、結局、鉢植えの方が小回りが利くので、便利です。
 珍しい植物を育てるには、やっぱり手間が余計にかかりやすいので、鉢植えのガーデニングでこそ十分に楽しめると思います。

参考までに

 同じ目線で、二つの別サイトも作っています。アジサイ、ツワブキ等の様々な珍しい植物を対象としているメインサイト、水生植物、特にスイレンがメインのスイレン編です。どちらのサイトも、珍しい植物を趣味者として楽しむ点は全く同じです。よろしければご覧いただけますと嬉しいです。

© 2024 エンジニア的!ベランダガーデニング 野菜・果物編